catapy


Introduction

キャタピーは、手のひらサイズのトイカーです。ひとたびコイツを走らせば、荒野だろうがなんのその。障害物にぶつかれば、進路を変えてまだ走る。ただひたすらにキャタピーは、道無き道を突き進み、とどまるところを知りません。どこへ行くかもわかりません。さぁあなたもコイツを追いかけてみませんか?

Catapy is a car that provides the fun of chasing. Catapy itself is a palm-sized motorized car covered by a caterpillar track, and it is able to run across a field freely even on an irregular ground. The user can enjoy the chasing of Catapy that runs tantivy.


Promotional Video: Catapy (2011/06)

 

The very first story of Catapy

私たちの人生は、常にその傍らに愛車の存在があります。それは木製のミニカーで始まって、チョロQやミニ四駆、ラジコンやゴーカートを経由して、ほんものの車へと至ります。 こうして愛車を乗り換えるなかで、変化したのはサイズとパワーとコントローラーだけでしょうか。いいえ、車体と身体のインタラクションもまた、変わっているのです。

ミニカーは、私たちが手で押すことによって走ります。つまり車体とともに身体もまた走っています。チョロQやミニ四駆においても、伴走する・追いかけるといった行為によって、身体は車体とともに走っています。しかしながらラジコン・ゴーカート・自動車において、こうしたインタラクションは存在しません。なぜなら充分なパワーと、充実したコントローラーをもった車体にとって、身体をつかって走るインタラクションは不必要だからです。

一方で私たちは、走ること・追いかけることの楽しさを経験から知っています。鬼ごっこの思い出や、昆虫採集の記憶が、まさにそれにあたります。そこで我々は気づいたのです。もし「楽しく移動するための装置」が車なのだとすれば、「追いかける楽しみを与えてくれる装置」もまた車なんじゃないだろうか、と。

そして度重なるプロトタイピングの結果、悪路にもめげず、障害物をものともせず、まるで昆虫や小動物を追いかけるような楽しみを与えてくれる、まったく新しいトイカーが誕生しました。

Catapy

Since the day of our birth, we have been living with cars. Our relationship with cars start with a wooden miniature car, followed by Choro-Q (a clockwork-driven car) and Mini 4WD (a motorized plastic model race car without remote control). And we move up to a RC car, a Kart, and a real vehicle. This elevation of cars means not only the change of scale and power system but also the change of human-car interaction.

For a wooden minicar, the user enjoys pushing the car to make it run. For Choro-Q and Mini 4WD, the user enjoys chasing the car by feet. However, the user does not need to move for a RC Car. In addition, the user become a part of its system for a Kart and a real car. To summarize, the fun that is derived by playfully moving with a car has been lost by the transition from Mini 4WD to RC Car.

On the other hand, people like chasing. After mastering walking, people begin to run after a butterfly, chase a cat, and play tag. Based on these observations, we decided to make a new car that can provide the fun of chasing. Catapy is our answer to this question.

 

Component

Catapy


現在のキャタピーは、2本の輪ゴムを無限軌道に、タミヤ製ミニモーターとリチウムポリマーバッテリー(3.7V/110mAh)を動力源として使用しています。またキャタピーは、赤外線リモートコントロールユニットを搭載することも可能です。

Catapy uses a Tamiya Mini Motor. This motor is connected with the MCU (Arduino Pro Mini 3.3V), and can be controlled according to the IR signal. The power is supplied using a LiPo battery (3.7V/110mAh).

 

Combination

Catapy


キャタピーは、ほかのキャタピーと組み合わせて遊ぶこともできます。たとえば2台のキャタピーをつなげれば、ラジコン戦車のように走らせることもできます。3台のキャタピーをU字型につなげば、モノレールのように階段の手すりを走ることができます。5台のキャタピーをつなげれば、ターンテーブルのように回転します。その可能性は、あなたの想像力とともに大きく広がります。

By connecting a number of Catapy, the user can also enjoy the transition of its shape and function. For instance, when the user connects two Catapy, she/he can control it like a common RC tank. If three Catapy are connected like a horseshoe shape, it can traverse the handrail of a stair. The user can make them a turntable if there are five Catapy or more.

 

Activities


HEXBUG Larva vs. Catapy (2011/11)


Catapy in Jar (2011/12)

2013/01/13-20: Japan Media Arts Festival in Yamanshi, Kofu, Japan.
2012/11/16: the 7th James Dyson Award Japan Winners Award, Tokyo, Japan.
2012/10/10-12: 100% Design Singapore, MBS, Singapore.
2012/08/04-05: Singapore Mini Maker Faire, Science Centre, Singapore.
2012/02/22-03/04: the 15th Japan Media Arts Festival, Tokyo, Japan.
2011/11/08-11: ACE 2011 Creative Showcase and Interactive Art, Lisbon, Portugal.
2011/10/07-09: Entertainment Computing 2011, Tokyo, Japan.

 

Future Plan

皆様のお手元に届けるべく、キャタピーの商品化を行いたいと考えております。
ご興味の方は y.katsumoto@gmail.com までご連絡ください。

We plan to commercialize Catapy. Please let us know if you are interested.
y.katsumoto@gmail.com

 

Special Thanks: Hideaki Nii and Dhairya Dand.

This research is supported by the Singapore National Research Foundation under its International Research Center Keio-NUS CUTE Center @ Singapore Funding Initiative and administered by the IDM Program Office.

 

HOME