You can also watch a video for Bottomless Joystick 1 on Vimeo.

Topless Computing, Bottomless Interface

ボトムレス・ジョイスティックは、底なしの可能性を秘めた、ゲームインタフェースです。これまでのジョイスティックは、机に置き、椅子に座って使う必要がありました。しかしVRに代表される昨今のデジタルコンテンツは、プレイヤーの全身をもちいたインタラクションを求めます。立ち上がって遊ぶ時代には、ジョイスティックを支える机がないのです。

そこで私たちは、空中に架空の底をつくるボトムレス・ジョイスティックを開発しました。ジンバル機構を採用したこのインタフェースは、従来のジョイスティックと似た操作感を、台座無しに再現します。さらに操縦桿の重さや、射撃時の振動といったフォース・フィードバックを表現することが可能です。加えてコンピュータからは一般的なジョイスティックとして認識されるため、市販のフライトシミュレーターと組み合わせれば、すぐに遊ぶことができます。


驚くことに、ボトムレス・ジョイスティックは2台を組み合わせて使うこともできます。矢を射る、ボートを漕ぐ、スキーをするといったインタラクションにも対応することができます。

ボトムレス・ジョイスティックの射程は、デジタルコンテンツにとどまりません。産業用ロボットアームの操作や、ドローンの操縦といった、従来のジョイスティックが担ってきた役割を、このインタフェースは受け止めます。人間が操縦席を離れ、情報と機械と並存する未来を、ボトムレス・ジョイスティックは目指すのです。


Bottomless Joystick 2

The computer was invented as a tool to assist intellectual production, so-called desk work. Therefore, the computer needs a work surface such as a desktop, laptop, or palmtop. However, computing that does not use a "top” (e.g. Augmented Reality, Ubicomp, and Tangible User Interface) has been proposed since the last century. Recently, these researches are rapidly penetrating our society due to the spread of smartphones and the VR HMD boom.

For computing without a “top", an interface that can be used in midair and that does not require a “bottom” for mounting on the top of a working surface will be needed. Therefore, we developed Bottomless Joystick which provides the same kinetic sensation in midair as an usual joystick.


Bottomless Joystick 2


Activities

2017/07/30-2017/08/03: ACM SIGGRAPH 2017 Emerging Technologies, LA, USA.
2016/12/05-08: ACM SIGGRAPH Asia 2016 Emerging Technologies, Venetian Hotel Macau, Macao.

 

Thanks!

"The Bottomless Joystick is imagined as a mouse of tomorrow." https://t.co/jouFPLn3Uw

— Co.Design (@FastCoDesign) 2017年6月6日

The Joystick Of The VR World Is Self-Balancinghttps://t.co/OmKDjAKzWc pic.twitter.com/oDSxvPhaw7

— PSFK (@PSFK) 2017年6月7日

 

This research is supported by the National Research Foundation of the government of Singapore under a funding initiative from the Interactive Digital Media Programme Office.

 

HOME